2010年07月20日

Git初心者なので、最低限の使用法を更に絞ってみた。その2

git使用の初歩の初歩。
その2ではレポジトリからコピーして他のPCで作業をする所までを紹介。

【レポジトリからクローンを作る】
1. git clone git@github.com:<<ユーザー名>>/FlickRemover.git
 FlickRemoverというプロジェクトをgithubからダウンロードし、レポジトリクローンを作る。

これでレポジトリのクローンが出来た。
ただ、その1でもいったようにssh-keygenとかでキーを作成し、登録しとく必要がある。

2. ソースコードとか書いたり、色々編集。

3. git commit -a -m "clone commit"
 ローカルにコミット。

4. git push origin master
 『origin(レポジトリサーバー)』に『master(ローカル)』をアップデートする。

コンフリクトが無ければこれで終わり。
コンフリクトが起こった場合は、

git push "origin" master:master
To prevent you from losing history, non-fast-forward updates were rejected
Merge the remove changes before pushing again. See the 'Note about fast-forwards' secion of 'git push --help' for details.


![rejected] master -> master (non-fast-forward)
error:failed to push some refs to 'git@...


などと怒られる。

3. git pull origin master
 『origin (レポジトリ)』から持って来たもので『master (ローカル)』をアップデートする。

4. コンフリクトしてる所は

<<<<<<<>>>>>>>>839283fea73

とか上書きされるので修正。
ここは従来のSVNと同様。

5. git commit -a -m "conflict fixed!"
 ローカル修正のコミット。

6. push origin master
 ローカルをレポジトリにプッシュ。

7. 終わり。

ここまで出来ればとりあえずは作業できると思われる。
branchの分け方とかタグを付けたりとか色々機能があるみたいだがおいおい試して行くつもり。

以上!
posted by 1.618 at 12:38| Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: