2011年02月25日

できるかぎり早期に実現すべきスクラムの基本ルール

できるかぎり早期に実現すべきスクラムの基本ルール」という記事があったので紹介。

・スクラムマスターは必須や基本のルールに従うことを保証すること
・フルタイムのプロダクトオーナー(専門知識と権限を持っている)が決まっていること
・スクラムマスターとプロダクトオーナーを含む機能横断チーム
・チームサイズは7プラスマイナス2人。最大でも12人
・プロダクトオーナーはチームや他のステークホルダーとともに働くこと
・プロダクトオーナーによってプロダクトバックログの作成、管理がなされること
・3つの質問によるデイリースクラムミーティング(昨日やったこと、今日やること、障害事項)
・デイリースクラムを同じ時間に同じ場所で実施し、15分以内であること
・すべてのチームメンバーがデイリースクラムに参加すること
・誰でもデイリースクラムを見ることができる。ただし参加(発言)はできない
・スプリントの長さは30日以内とし、毎スプリント同じ長さとする
・スプリント計画ミーティングをチーム全体で行う
・スプリント計画ミーティングの第一部ではプロダクトバックログアイテムをチームが選択する
・スプリント計画ミーティングの第二部ではタスクを見積もりスプリントバックログアイテムを作成する
・スプリントバックログアイテムはチームによって追加・更新・削除される
・スプリントバーンダウンチャートを書く
・ふりかえりミーティングをチーム全体でプロセスの改善のために行う
・Doneの定義を行う
・スプリントバックログの見積もりからコミットできるベロシティが計算されている
・チームメンバーは自発的にタスクを選択する。完了まで一度に出来るタスクは1つとする
・チームはアドバイスや助けや情報を求めることができる
・スクラムマスターは障害事項のトラッキングや除去を行う
・スプリント中は外部からの割り込みやアドバイスや優先順位の変更は行わない
・スプリント中の一時停止はしない
・持続可能なペース。スケジュールだけではなく、タイムボックス化についても努力する
・品質は交渉不可能な要素。不具合はプロダクトバックログの先頭に位置づける
・スプリント計画ミーティングとスプリントレビューにはスプリント期間の1/20を割り当てる

だって。

俺が今所属する会社はタスク管理ちゃんとしようって言っても「めんどくさい」と言われる…
チョットずつ広めていくしかないな…

ってか、開発会社で「タスク管理めんどくさい」は致命的だろ
何考えてんだ…
バグもギョーサン出してるし。
馬鹿じゃねーの?
posted by 1.618 at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

Djangoで複数のQuerySetをマージする方法。(ORサーチの仕方)

gaeを使って「OR」サーチをするのは不可能
検索条件を個々に発行して、結果をリスト化し、マージするのがせいぜい。
ソートがある場合はその後にしなければならず、GAEはクソの骨頂w

ただし、djangoとitertoolというパッケージを使用すれば結果をマージした後に半自動的にソートも出来るようになる。

例えば、
page_list = Page.objects.filter(...)
article_list = Page.objects.filter(...)
post_list = Page.objects.filter(...)
という三つのquerysetを作成したとする。

この二つのquerysetをマージしたい場合は、
from itertools import chain
result_list = list(chain(page_list, article_list, post_list))

更に、ソートしたい場合は、
result_list = sorted(
chain(page_list, article_list, post_list),
key=lambda instance: instance.date_created)

python2.4以降の場合は
from operator import attrgetter
result_list = sorted(
chain(page_list, article_list, post_list),
key=attrgetter('date_created'))

としてマージと同時にソートも出来てしまう!!

…らしいw
他にする仕事があって確認出来てない(汗
でも、特にインストールするもの追加するソースも無く、ノーマルの状態で出来るので大丈夫だと思われる。

ソース

以上!
ラベル:Python Django queryset GAE
posted by 1.618 at 19:31| Comment(0) | python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

ImproperlyConfigured: App with label front could not be found

ImproperlyConfigured: App with label front could not be found

djangoでユニットテストをしようとすると、上記のようなエラーがでる。
ググってみると空のmodels.py入れたら直る的な事が書いてあったので入れてみたのだが、それでも直らない。

で、あーでもないこーでもないいいながらテンパりながらやっててようやく解決したorz

setting.pyのINSTALLED_APPSにパッケージ名(この場合だとfront)を付け加えるだけ。

…こんだけで3時間潰したよorz
ラベル:Python GAE Django
posted by 1.618 at 17:15| Comment(0) | python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

人間のクズ

きょう人間のクズを見た。
どっかの社長らしい。
サイトリリースして落ち着いたから依頼元の関係者全員で飲みに行ったのだが…
この依頼元の社長がゴミだ。

実は今の会社はとりあえずみんな気が狂ったように飲む。
で、案の定みんなバタバタとぶっ倒れていくわけだ。
きょうは救急車も出動した。

救急車に乗ったのは俺らの会社の奴ではないのだが、ソレを見ていた依頼元の糞社長が何か知らんがいきなり笑い出し、何の関係もない俺らの会社の社員に思いっきり蹴りを入れた。
蹴られた奴はメッチャしかめっ面をしたのだが反撃はしなかった。

その時、俺は結構離れて他の社員と喋っていたので、瞬間は目の端位にしか見えてなかったのだが、解散して暫くたった後ムラムラと怒りがわいてきた
蹴られた奴は相当自制心のある奴だと思う。あるいは相当鈍感なのか…

蹴った野郎は最低の人間…否、動く粗大ゴミだ。

どういう育ち方をすれば何の関係も無い人間に蹴りを入れられるんだ??
しかもそれが会社の社長。
不条理極まりない。

日本人として…人としてプライドは無いのか。
人間のクズ。
死ね。

当の俺も酔った上司からお前の給料なんかすずめの涙位としか思ってないとも言われたんだが。
普段も気分のいい飲み会なんてこれっぽっちも無い会社だが、今回は最低最悪の気分にさせてくれた。

ありがとう。
ラベル:日記 愚痴
posted by 1.618 at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

GAEでサイト取り消しの可能性がある危険なパラメータ。default_expiration

GoogleAppEngineにはapp.yamlでいろんな設定ができるのだが、その中で危険なモノを発見。。。orz

default_expiration

appspot.comじゃなくて、独自のドメインでGAEを使用する場合凶器になる。
appspot.comをまんま使うんであれば特に問題ない。

設定の仕方はdefault_expiration: "1d"とかする。
"h(時)","m(分)", "s(秒)"と設定も出来る。

ただし、この設定、独自ドメインを使用してると、期限が切れるまでapp.yamlを更新しても適応されない…(現在ver. 1.4.1)

どうもドメインと静的ファイルの紐付けをまんまキャッシュするっぽい。
実際、default_expiration: "1d"と設定して反映した場合、"1m", "1s"に変更したapp.yamlを上げても静的ページは全く更新されなかった。
ただし、appspot.comは問題無く更新されていた。

しかもこの問題、等のグーグルに問い合わせてみたら『サポートできません。すみません』。

…をい!(爆怒

なので、"365d"とかやってメンテ画面を静的ファイルとしてアップしてしまうと、365日メンテ画面が表示されてしまうという悲惨な状態になってしまう。
こうなってしまうと待つかドメインを変えるか、appspot.comをまんま使うしか手が無い。

rm -r /とタメをはれるほど危険なパラメータ。

以上。
ラベル:Google App Engine
posted by 1.618 at 11:06| Comment(0) | python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。